県外 引越し 住民票

県外へ引越しする場合には住民票の異動手続きが必要

県外へ引越しする場合には住民票の異動手続きが必要お勧めの一括見積もりサービス

 

引越しが決まると、引越しの片づけ、引越し業者の選定、
新居で必要なものの購入などやることがたくさんあります。

 

さらに引越しに関する役所での手続きも必要になります。
今回は県外への引越しで必要な手続きについて考えてみましょう。
県外へ引っ越しをする場合、住民票を移動する必要があります。
ではどのように住民票異動の手続きを行えばよいのでしょうか??

 

転出届と転入届けとは?

県外へ引っ越しをする場合、住民票を異動させなければなりませんので、
転出届と転入届を提出する必要があります。
転出届を出したのに、転入届を出していない場合、
受理された状態にはなっていないので気を付けなければなりません。

 

転出届とは?

転出届とは引越し2週間前から手続きをすることができます。
県外への引越し以外に他の市区町村に引越しが決まった場合、
現在住んでいる市区町村の役所に転出届を提出する必要があります。

 

転出届を出すことで、現在まで住んでいた役所から
外へ引っ越しをするという手続きになります。
転出届を提出すると、転出証明書が発行されます。
この転出証明書は引越し先の役所へ転入届を出す際に
必要となりますので、大切に保管してください。

転出届の手続きには本人確認ができる免許証や
パスポートなどの公的証明書、印鑑が必要です。
代理人が手続きをすることも可能で、代理人が手続きをする場合には
委任状が必要となりますので、忘れないようにしましょう。
また手続きでは、新しい引越し先の住所を記載しなければなりませんので、
覚えていない場合にはメモをとっておくとよいでしょう。

 

県外へ引越しする場合には住民票の異動手続きが必要お勧めの一括見積もりサービス

 

同一市区町村に引越しをする場合は、転出届ではなく、転居届を出す

転出届を出すのは市区町村外、県外へ引っ越しする場合のみになります。
同一市区町村内で引越しをした場合には転居届を出すことになります。
転居届は引越し前の手続きは必要なく、1回の手続きで完了します。

 

転入届とは?

転入届は引越しをした日から2週間以内に提出します。
新しく引越しした先の役所や出張所に、転出証明書とともに、
転入届を提出することになります。
手続きの際には、本人確認できる公的証明書、
印鑑、代理人が手続きする場合には委任状も必要になります。

 

住民票以外の手続きはある?

転出届、転入届を提出することで住民票を異動したことになります。

住民票以外にも、国民健康保険、国民年金、印鑑登録、
乳幼児医療、児童手当などの手続きも引越しした際には
必要になりますので、同じタイミングで手続きをすると楽でしょう。

 

県外へ引越しする場合には住民票の異動手続きが必要 お勧めの一括見積もり

引越し侍


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

LIFULL 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのある

LIFULL 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。